マルウェア「Snake」Macでも確認

5月5日金曜日アップルインサイダーにてWindowsで確認されたマルウェア「Snake」がMacに移植されAdobe Flash Playerのインストーラーとして偽装されている事を発表されました。マルウェアとは利用者に対し悪意を持って作成されたソフトウェアの総称でいま話題となっているランサムウェアもマルウェアの一種です。またMacOSにはGatekeeperという機能かありmac App Store以外からApp(アプリケーションソフトウェアの略)をダウンロードする場合Appの開発元は固有のIDを取得してAppにデジタル署名がされています。GatekeeperはIDを照合しIDを所持していなかったりAppに改ざんされていた場合、インストールを行わずMacを保護します。今回の「Snake」は正規の開発者から盗んだと考えられる証明書を使用しておりGatekeeper機能をすり抜けたそうです。現在、Appleはその不正な証明書を取り消しており脅威は去ったと思います。

原文
・「Windows malware ‘Snake’ ported to Mac for first time, masquerades as Adobe Flash」、http://appleinsider.com/articles/17/05/05/windows-malware-snake-ported-to-mac-for-first-time-masquerades-as-adobe-flash 2017.5月24日
参考文献
・「macOS-セキュリティ-Apple(日本)」、http://www.apple.com/jp/macos/security/2017,5月24日
・「OS X:Gatekeeperについて-Appleサポート-Apple Support-」、http://support.apple.com/ja-jp/HT202491/2017.5月24日
Adobe Flash PlayerとはYouTubeやニコニコ動画など動的Wedページ表現を閲覧する際に使用されているソフトウェアです。私はよくニコニコ動画を観ているためお世話になっています。これがないとAdobe Flash(以降Flashと明記する)で作成された動画を視聴出来なくなります。Flashは脆弱性が多く、アップデートを怠るとマルウェアなどが侵入する原因となってきます。現在ニコニコ動画はFlashを用いていないHTML5を使用した動画視聴画面を提供しており 、Flash使用の画面との切り替えが可能となっています。HTML5はWorld Wide Web Consortiumが定めた規格化された技術です。一方Flashは開発元であるAdobe Systems Incorpratedの一存でアップデートが行われており世界のIT企業はAdobe Systemsの仕様に合わせる必要があります。現在FlashはAdobe AnimateとしてHTML5に対応した技術を提供しています。

参考文献
・「動画視聴ページ HTML5(β)」提供のお知らせ、blog.nicovideo.jp/ni064261.html
2017.5月24日
・「Animate CC での HTML5 Canvas ドキュメントの作成およびパブリッシュ」https://helpx.adobe.com/jp/animate/using/creating-publishing-html5-canvas-document.html
2017年.5月24日

平成28年度PWC研究クラスター活動報告会

昨年度からスタートしました首記の活動報告を行いました。

例えば,日本の路線バスは網の目のように張り巡らされていますが,いざ観光客がそれを利用しようとすると,なかなか利用が厄介だったりします。今回の研究の一部では,本学の山川先生らが取り組んでいるバスローケーションとクリアデザインさんが取り組んでいるワクワクマップそれぞれのデータをAPIで相互利用することで,安価で便利な路線バスの観光利用が行えないかと考えています。

千歳市さん,オープンデータよろしくお願いしますね。

絵文字のデザイン変更から私が思うこと

私は先週18日にappleinsiderに掲載された絵文字に関するニュースに興味を持った。記事によると、Googleが今年後半にリリースされる新モバイルOSである「Android 8 “O”」で、絵文字をiOS10のような丸みを帯びたデザインに変更するという。

          
 以前のバージョンではAndroidのキャラクターである「ドロイド君」にちなんでガムドロップのような形のスマイリーが使われているが、”O”では完全に丸い形になるという。また、他のキャラクターについても再設計をしている。アウトラインやグラデーションの追加や以前は避けられていたピンクや赤色が使われ、現在はベータ版であるUnicode10.0のEmoji5.0からあらゆるキャラクターも含まれるようになる。これらは6月5日のWWDC2017で明らかにされるAppleの「iOS 11」に類似した互換性を持つだろう。

Google's Android O changes 'blob' emoji to more iOS-like circular shape ー appleinsider 2017/5/18掲載 (http://appleinsider.com/articles/17/05/18/googles-android-o-changes-blob-emoji-to-more-ios-like-circular-shape) 2017/5/23閲覧

私は中学生から携帯電話を持ち始め、当時からキャリアによる絵文字の違いはどうにかならないものかと感じていた。その時のメッセージの感情にあった絵文字を選んでも、相手の端末上では違う絵文字に置換されたり表示がされなかったりと、絵文字選びにもついつい時間をかけてしまう。ある意味、絵文字の違いはキャリアごとのオリジナリティとも言えるかもしれない。一方で、互換性を持つことでより他者へ伝わりやすいメッセージのやり取りができるのではないかと期待している。

参考URL(全て 2017/5/23閲覧)

ウェザーステーションで屋内外環境を観測中

Netatomoのウェザーステーションを用いて研究室と中庭の観測を行っています。

この製品は2つのモジュールを用いて屋内外の観測データから快適性を測ることができるものです。屋外では気温・湿度・空気の質、屋内ではそれに加えてCO2と騒音レベルを計測することができます。

右の写真は中庭に設置した屋外モジュールの様子です。試行錯誤した結果、生えている木の枝に引っ掛ける事にしました。笑

雨対策が少し不安ですが、今後も計測を続けて行きます。    

ちなみに研究室の空気の質は「非常に良い」そうです!

樹芸センターでも新たなサービス

新年度から学生によるブログ更新を委ねているのですが、さっぱり始まらないので連休中の動向など相変わらず私が書きます。

五月の連休に立川市など東京の奥に初めて行ってきました。見るべきものは多かったです。札幌に戻ってきてから平岡樹芸センターに行って見ました。すると木々を紹介するプレートにQRコードが付いていました。アクセスしてみると有償のデータベース(?)を利用しているらしく木々の紹介サイトのコンテンツが表示されました。この辺りはFileMakerなどで自作した方が安価になるかもしれませんねえ。

何れにしても樹芸センターも色々とサービス、それもICTを意識した振る舞いをしているということですね。

VRゴーグル付きクレープ購入

新千歳空港でVRゴーグル付きのクレープが販売されている、ということで空港でバイトをしている学生にお願いして買ってきてもらいました。

元々牧場にこだわりを持っているメーカーらしく、VRゴーグルもその一環のようです。ただし、実際にコンテンツにアクセスするための手続きや肝心のゴーグルと自分のスマホとの対応など(私のiPhone6Plusは収まらず)、検討課題は多いように思いました。むしろ、うちの研究室に相談してくれていればと思いました。instaVRでアプリ化したりケースももう少し工夫の余地があったように思います。

ただし、お使いをしてくれた学生によると、クレープは美味しかったそうです(笑)。