研究室の学生がApple Store, Sapporoで成果を発表!

春休み中の一大イベントがこれでした。

iOS/Mac用のアプリ開発の基礎を身につけるために,Appleの新しいプログラミング言語である”Swift”に取り組んできました。今回はApple Store, Sapporoのカレッジナイトの場を借りて,その成果を発表したものです。

IMG_7181

 

 

カレッジナイトは学生自身が企画,発表するもので当日はN君が進行役をしてくれました。本学では,こうした発表に関する場をいろいろと持ち合わせているのですが,流石に公衆の面前での発表はいい経験になったのではないでしょうか。今後も期待したいです。

曽我研究室床工事完成

ブログ更新を怠るとつけが大変です(汗)。

2015年度から本格稼働する曽我研究室の床工事が完成しました。これで,ほとんどの準備が整いました。これは,その二日間の工事の様子をiPod touchでタイムラプス撮影し,iMovieで編集した動画像です。

曽我研究室床工事:約2分間

工事に際しては研究室配属の決まった学生さんたちが力を貸してくれました。床の色決めも学生さんたちの意見を取り入れたものです。オレンジ色はMacに向かった際にやる気を出すためだそうです。ミーティングスペースは落ち着いてアイデアを語ったり勉強するために選びました。カーペットの部分は土足厳禁でスリッパを用意していますが,木の机の部分は他の研究室の友達たちとくつろげるようにカーペットを張っていません。ちなみに,工事をしてくださったベテランの職人さんによると長年この仕事をしてきて「緑」は二回目,「オレンジ」は初めてとのことでした(爆)。

IMG_7360

私は子供の頃から,こういう工事を見るのが大好きで,今回もほとんど見ていました(笑)。床工事は二人の職人さんが来られて作業してくださいました。お一人は非常にお若い方で高校を卒業したばかりのような方。もうお一人はベテランの方でした。こうしたフロアカーペットの施工工事は部屋の真ん中から外側に向かって作業するというのがネットで公開されていました。いえ,最初は自分たちでやろうかという話もあったものでして(笑)。凧糸を使って目印の線を引くなど,やはりほぼ中心から作業をされていましたが,簡単な測定の後段ボールにの切れ端にちょこっと図面を引かれていたのが印象的でした。

すでに他の研究室の学生さんたちも来て「オフィス見たい」などと感想を伝えてくれました。「やる気」と「アイデア」を引き出せる,そんな研究室を目指した結果の床工事でした。