VRを用いた卒業研究が佳境に

千歳科学技術大学曽我研究室では,VRを用いた教育向けサービスの実証実験をはじめました。

この秋,PCカンファレンス北海道2017(室蘭工業大学)で発表した内容を実装しました。対象は札幌国際大学博物館で学芸員資格を目指す学生さんです。どの博物館でも学芸員の方は身を乗り出させるような話を聞かせてくださいますが,勿論,一朝一夕にできることではありません。札幌国際大学博物館にお邪魔して,問題の発掘や現状の把握と解決方法について議論を重ね,こうした来館者向けの解説練習を支援するシステムを,本研究室の学生がFileMakerを使って作成しました。

特に,昨今注目されているVRを取り入れました。これは,練習する学生さんたちが,自宅やアパートなどではモチベーションが上がらないだろうと考えて,導入することを決めました。

他にも,それぞれの発表に対してピアレビューを行ったり,資料などを共有する機能などをFileMakerを使い,実装しました。実際には,スマホ世代の学生さん向けにFileMaker Goを用いるカスタムAPPとしました。とはいえ,FileMakerにはVR機能はありません。そこで,instaVRで博物館の主だったケースのVRコンテンツを作成し,そのURLを参照する方式を採用しました。

今日は,被験者の学生さんたちに実験同意書や機材の貸出し,使用方法やインフォームドコンセントなどを説明させていただきました。札幌国際大学の学生さんも週末までに卒業論文を提出する予定だそうで,お忙しい中をご協力いただき,感謝しております。

成果が上がることを期待したいと思います!

千歳科学技術大生がiPad と FileMaker を利用した業務システム作成体験セミナー」(札幌)に参加

FileMaker社主催の「【初心者向け】 iPad と FileMaker を利用した業務システム作成体験セミナー」(アスティ45,札幌)に参加してきました。

これまでにも色々とお伝えしたきたように,本学はFileMaker社とキャンパスプログラムという提携を結んでいます。学内の全ての教育用PCにはFileMakerがインストールされていて,学生は自由に使うことができます。

例年ですと2年生前期に開講されていたFileMakerを活用する授業が,カリキュラム変更の狭間にある今年は非開講となり,現在の2年生たちは3年時秋まで授業を待つ必要があります。そんな折,FileMaker社主催の「【初心者向け】 iPad と FileMaker を利用した業務システム作成体験セミナー」が札幌で開催されました。本学のFileMakerサークルの1〜3年生の学生や私の研究室で活動する3年生,曽我研究室の活動に興味があるという2年生などに声がけしたところ,5名の学生たちが積極的に参加してくれました。

土曜日の午前10時から午後1時までのセミナーでしたが,FileMaker初心者の2年生などもFileMakerの基本構造や操作などを十分に理解でき,非常に濃い内容でした。私もプロの講師による講義のツボなど大変参考になりました。

終了後,学生たちと軽食を取り解散しました。これからの学生たちのFileMakerを使った活動に大いに期待したいと思います。

モバイルアプリ開発サークル”FMaC”の新人勧誘活動

新年度が始まりました。

昨年度からモバイルアプリ開発サークル”FMaC”の顧問を行うことになりました。今日は入学式後に新人勧誘活動を行うということでみてきました。

こういう場所に積極的に足を運ぶ学生さんは前向きな姿勢が感じられました。また,新入生を受け入れるために各サークルの代表たちも一生懸命工夫をしていました。

我がFMaCの様子です。マイコミさんの取材の様子の別刷りやオリジナルのポップなどを使い,一生懸命活動していました。お陰様で興味を持った一年生たちが多数足を運んでくれました。何人か頑張ってくれると嬉しいですね。

観光ICTセミナー無事終了

3日間にわたって行なわれた観光ICTセミナーも無事終了しました。3日目は各人が作り上げたFileMakerアプリをiPhone/iPod touch上でプレゼンテーションを行ないました。今回初めてFileMakerに触れた方も多かったのですが,皆さん立派なアプリをお作りになられていらっしやいました。

私のゼミから参加した3年生も素晴らしいアプローチ(ここが重要!)でアプリをまとめ,プレゼンテーションをしてくれました。このアプローチができれば卒業研究は心配ありません!4年生を前に素晴らしい体験ができましたね。

 

皆さんお疲れ様でした!

観光ICTセミナー2日目

札幌国際大学で開催中の観光ICTセミナーも2日目です。

参加者の皆さんもそれぞれにFileMakerを用いたモバイルアプリによる観光問題の解決に取り組まれています。明日はいよいよ最終日です。最後はそれぞれの成果発表を予定しています。楽しみです!

観光ICTセミナー2017 – 創ろう・使おう・モバイルアプリ –

札幌国際大学で開催された「観光ICTセミナー2017 – 創ろう・使おう・モバイルアプリ -」に研究室の3年生が参加しました。

今日から3日間のセミナーで、FileMakerの基本を学んだ後、観光の問題をディスカッションし、それらを解決するアプリを作ります。さて、どのようなものが出来上がるのか楽しみです。

ファイルと分離したソリューションを作る

この例では,外部ファイルと連携だけ行い,自身のファイルにはテーブルやフィールドを持たないソリューションの作り方を示します。こうしたソリューションはメンテナンスが発生する際に,全てを入れ替えをしたくない場合など,上手に作れば一部機能は稼働したままシステムのバージョンアップなどの際に便利です。また,インターフェース部分をこの方法で作っておけば,インターフェースの変更の際などトラブルを防ぐことにもなります。

  1. 新規ソリューション作成:
    ここでは名称をSeparateFileSampleとする。
  2. 外部ファイルとリレーションを結ぶ:
    事前に完成しておいたclassファイルとリレーションする。
    ファイル>管理>データベース…からリレーションタブを選ぶ。
    データソースタブから「FileMakerデータソースの追加…」を選び,classファイルを開く。名前は何でも構わないがここでは「学級名」とした。グラフに学級名が配置されたことを確認したら「OK」ボタンを選ぶ※1。 スクリーンショット 2016-10-04 14.47.56スクリーンショット 2016-10-04 14.48.35
  3. 新規レイアウト作成:
    レイアウトメニューから新規レイアウト/レポート…を選ぶ。ここで,レコードを表示で「学級名」に変更しておく。ここはかなり重要。特に,この後で不要なレイアウトを削除したり,該当テーブルが見つからないなどのトラブルはこの操作を失念したことによる場合が多い。レイアウト名は「学級一覧」としておく。適当なデバイス,レイアウトを選ぶ。ここではタッチデバイス,iPad,リスト,横向きとした。指定完了後「完了」ボタンを選ぶ。スクリーンショット 2016-10-04 14.50.04フィールドピッカーの現在のテーブルが「学級名」になっていることを確認する。レイアウトに必要なフィールドを配置する。適当なレイアウトテーマを選ぶ。レイアウトの終了を選び,classデータの内容が正しく表示されることを確認する。スクリーンショット 2016-10-04 14.51.33
  4. 不要なリレーションシップ,テーブル,レイアウトを削除:
    ファイル>管理>データベース…からリレーションタブを選ぶ。SeparateFileSampleリレーションを削除する。テーブルタブに切り替えてSeparateFileSampleテーブルを削除する。スクリーンショット 2016-10-04 14.52.51ファイル>管理>レイアウト…からSeparateFileSampleレイアウトを選び,削除する。レイアウトの管理ウィンドウを閉じる。スクリーンショット 2016-10-04 14.53.32

※1:外部ファイルの定義
外部ファイルの定義はファイル>管理>外部データソース…から指定することもできる。指定後リレーションの設定などを行う。