本研究室の学生が学会で表彰されました

PCカンファレンス北海道2015(2015.11.14-15,北見工業大学)にて,本研究室の学部生である大鐘君と西田君が以下の研究発表を行いました。

  • 近接通信とウェアラブルデバイスを組み合わせたデジタルコンテンツの表示に関する実験 -千歳水族館を例にして-,大鐘幸一郎,西田理貴,曽我聡起,pp.17-18,CIEC北海道支部,2015

本発表は,彼らの卒業研究の一環として行ったもので,発表は大鐘君,西田君それぞれが行いました。本研究には公益財団法人千歳青少年教育財団千歳水族館様のご協力を得ています。

本学会発表においては,学生発表についてプレゼンテーションスキル賞が設けられています。これは,発表内容や発表態度などを総合的に評価するもので,今回は本研究室の二人が選ばれたものです。努力の甲斐があったと思います。おめでとうございました。引き続き,研究が成就するように努力を続けてください。

追伸:

本学公式ページでも紹介されました。

https://www.chitose.ac.jp/target/toent/001934.html

IMG_8986

中山五輪男様(ソフトバンク社)にご講演いただきました

11月2日,本学B101教室にてソフトバンク社の中山五輪男様にご講演いただきました。これは本学の一年生向け必修科目である「テクノロジー基礎」の授業の一環として行われたものです。当日は不肖私が中山様のご紹介,進行を仰せつかりました。

中山様はソフトバンク社の首席エバンジェリストです。iPhoneやiPadなどのモバイルデバイスやクラウドサービス,ペッパーや人工知能など幅広い分野をわかりやすく紹介してくださいます。日本全国多い時では年間300回ほど講演して回られるということで,この分野では極めてご著明な方です。

今回はソフトバンク社がIBMのワトソンを扱うということで,人工知能に関するお話を,映像やジョークを交えながらわかりやすく紹介していただきました。中山様は大学では人工知能に関する研究をされていたそうです。終了後は昨年講義を聞いたという本学学生が名刺を持って挨拶に来るなど,中山様のお話が本学学生に与える影響は少なくないと改めて実感いたしました。

今回は一年生向けの授業でしたが,私の研究室の学生たちにも聴講するように指示いたしました。サービスサイエンスを取り扱う本研究室で活動をする上で貴重な話を伺えるに違いないと考えたからです。最後はゼミのメンバーと一緒に記念撮影をしていただきました。IMG_8898

中山様,これからもよろしくお願い致します。ありがとうございました。

iOSデバイスの管理

iOSデバイスの管理は数が増えるほど大変です。様々な課題もあります。私の研究室にもiPadやiPod touchなどがありますが,台数は少ない方ですがそれでも管理は大変です。本研究室では基本的にApple Configuratorという管理アプリ(Appleが無償提供)を使って管理しています。管理マシンである研究室のMac Proに14台接続できるUSBハブを繋げています。他にも一度に複数のUSB端末に充電できる充電器を準備しています(キャッチ写真参照)。

日本デジタル教科書学会の論文集が公開されています

今年の8月に札幌で開催され,本研究室の学生たちも参加した日本デジタル教科書学会が大会の論文集を公開しています。

2015年次大会(札幌)発表原稿集を公開いたしました!:http://js-dt.jp/2015年次大会札幌発表原稿集を公開いたしました!/

本研究室では以下の三編を発表しました。

  1. iBooks Authorを用いた施設見学用デジタル資料の試作 Prototype of the facility tour for digital materials using iBooks Author:田中 百香, 藤井 佑梨奈, 曽我 聡起
  2. iBooks Authorを用いた地域の観光資源の紹介 Introduction of local tourist attractions using iBooks Author.:伊藤 遥香, 中谷 美保, 曽我 聡起
  3. デジタルコンテンツの円滑な閲覧方法に関する検討 Study on smooth browsing method of digital contents:西田 理貴,大鐘 幸一郎,曽我 聡起

卒業研究は切迫しています(笑)

アイキャッチ画像をご覧いただけるとお分かりの通り,研究室配属から一年数カ月。いよいよ6名の四年生の卒業研究がピークを迎えています。

詳細はいずれご紹介いたしますが,概ね以下のような研究に取り組んでいます。

  1. iBeaconを用いた千歳水族館のコンテンツシステムの作成:2名
  2. 景観情報を対象にしたVR画像による観光評価に関する基礎実験:1名
  3. 汎用型データベースソフトによるiBooks Author用HTML widgetの自動生成:1名
  4. マルチタッチデバイスの操作が記憶や学習に及ぼす影響に関する基礎実験:1名
  5. 人工知能に関する高校生用デジタル教科書の試作:1名

いずれもかねてより気になっていたことを学生さんたちに取り組んでいただいています。1に関しては,8月の日本デジタル教科書学会についで,11月14日から15日に北見工業大学で開催されるPCカンファレンス北海道で発表します。Beaconも現場に即した内容のコンテンツを考案するとなるとかなり細かなことまで注意する必要があります。

みんながんばれ!