「一万円選書」の「いわた書房」(砂川市)訪問

ゴールデンウィーク、唯一の遠出(?)は、その昔自分が住んでいいた美唄市やその周辺を車で巡ったこと。中でも、砂川市の書店「いわた書店」さんにお邪魔できたのは大きな収穫だった。NHKなどでも紹介されたので「一万円線書」の店で有名。ご主人は不在だったが、レジに娘さんらしき方がいらっしゃって、色々と話を伺うことができた。このお嬢さん、昔、母が勤めていたた美唄の炭鉱町「ガロ」の出身だった!

今回の目的は、9月上旬に千歳市で開催を予定している「ブックフェスティバル」のために、改めて「本屋」というものを見直すきっかけにしたかったから。

書店に入って感じたことは、その昔、北海道の町に「普通」にあった、「普通」の書店だということ。文房具も扱っているし、漫画もあれば雑誌もある。何より、感動したのが、レジのそばには「取り置き」して予約されている雑誌や本が並んでいたこと。誰かが受け取りに来るんだよね。私も子供の頃、そうだった。

そんな書店内を歩いていて、スッと手にしたのがこちらの3冊の本。一冊は「いわた書店」さんの本なので、当然(?)として(現在読書中だが、サービス科学的な視点で考えると実に興味深い内容なので、改めて記したい)、メタ認知に関する本が先ずは目に飛び込んできた。これは、現在の研究のテーマの一つなのだが、いきなり目に飛び込んできたので背筋がゾクゾクした。こちらも直ぐに手に取った。

最後の一冊が、博報堂の雑誌「広告」。これは、全く知らなかった。聞けば、限られた書店でしか販売していないという。しかも、毎月装丁が異なり、編集長もその都度変わるとか。確かに、在庫していた3冊全てが、異なる装丁で、自分が購入したのは「通巻414号」(「特集:著作」2020.3.26)で、壁のクロスのようなもの。この、ボロボロ感(?)が何とも言えず、最後の一冊で、文字通りボロボロになりかかり、レジの女性が恐縮されていたのだが、敢えて値札(?)が付いた状態で購入させていただいた。

この他、北海道の馬具メーカー「ソメスサドル」製のオリジナルしおりも購入。
これだけの本を選ぶのに、ほぼ、一瞬の出来事だった。なぜ、これだけの書籍を一度に購入することになったのだろう、とお嬢さんに伺うと、一つはほんの数を限定しているので、他の書店のように展示している書籍の「背」ではなく、表紙がしっかりと目に入るからでは、とのご意見に深く賛同したしだい。

とはいえ、「いわた書店」さんがある砂川市も人口が1万8千人ほどで、書店は2店舗だそうだ。現在は、高齢者を対象にした書籍の選択と販売を軸にしているとのこと。若い人たちはAmazonで購入できるが、高齢者はそうはいかないし、高齢者は本の良さをよく知っている、とのご意見も説得力があった。

自分は千歳の大学に勤めているが、千歳市には書店が無く、学生が本を買うためには札幌まで出なければいけないと言っている、と伝え、ぜひ「いわた書店千歳市店」をお願いします(笑)と伝え、砂川市を後にした。

上述したように「一万円選書」にはサービス科学的視点で読むと、書店が抱える課題とサービスによる解決がまとめられているし、何より「一万円選書」をAIサービス化(もちろん、いわた書店さんが稼げるビジネスモデル)できないか、など、多くのアイデアを得ることができた。ゴールデンウィークを、道内の近場で、実に貴重な経験をすることができた。

新年度の活動がスタート

いよいよ新しいキャンパスを使った新年度の授業がスタート。我が研究室は、学生の頑張りのおかげで引っ越しを終え、まずは順調なスタートを切ることができました。学生によれば、暖かく綺麗なキャンパスはモチベーションが上がるとのことです。成果を期待します!

新棟引っ越し

ついに、新棟引っ越しの日が来ました。我が研究室では、3年生全員が引っ越し手伝いに馳せ参じてくれました。感激です。なにしろ、今年度の4年生は、コロナの影響で、全員が揃ったのは卒業研究発表会前後になってしまいました。

この時期に全員揃ったのは、何年振りでしょうか。早速、記念撮影をしました。相変わらず、iPhoneを準備してApple Watchでシャッターを切りました。

昼食は、千歳市内の吉野家の牛丼を奢りました。10個も牛丼を買ったのは初めてです(笑)。全員、黙食でした。

まだまだ研究室の整理ができていませんが、4月に向けて徐々に整理整頓したいと思います。レイアウトは大学院生に任せました。感染症対策を意識して、モニターを壁に並べたようです。研究室の移動に伴い、基本的にはMacBook Airを貸し出して、研究室内では27インチモニターを使うようにします。

新しい研究室は3階です。美しい、千歳の風景を見下ろしながら、彼らがどのような研究活動をしてくれるのか、楽しみです。

 

 

研究室の学生が、学会発表で「プレゼンテーションスキル賞」を受賞

本研究室の学部4年生である滝見 拓夢 君が、「PCカンファレンス北海道2021」で発表したプレゼンテーションが「学生プレゼンテーションスキル賞」を受賞しました。おめでとうございます。

学生プレゼンテーションスキル賞「モチベーショングラフによる感情分析を用いた自己分析支援ツールの開発と提案」:PCカンファレンス北海道2021、コンピュータ利用教育学会(CIEC)北海道支部

研究室の学生が、アプリ選手権で「日本航空特別賞」を受賞!

本学では、長年に渡り、アップル社(クラリス部門)と「キャンパスプログラム」を結んでいます。これにより、授業で使用するすべてのデスクトップPCに「FileMaker」がインストールされています。授業科目としては「ユーザインターフェース」などで利用しています。

その「ユーザインターフェース」を受講して、私の研究室に在籍している岡本君がFileMakerを使って作ってくれたのが、入退室管理アプリの「EaLL」です。コロナ禍で、大学では研究室における学生の入室記録を求めています。それまでは、紙に書いていたのですが、管理が煩雑でした。そこで、岡本君が手がけてくれたのが、EaLLでです。

このEaLLが「FileMaker選手権2021」で「審査員特別賞:日本航空特別賞」を受賞しました!ありがとうございます。なお、岡本君は大学の「FileMakerサークル」の代表なので、エントリーにはサークル名を記載しました。

■ FileMaker選手権2021:

実は中々凝ったシステムですが、操作はシンプルです。研究室に入るとEaLLアプリを開いたiPadがあります。画面には研究室のQRコードが表示されます。自分のスマホでEaLLを開くとQRコードの読み取りボタンがあります。タップしてiPadに表示されているQRコードを読み取れば入室完了です。FileMakerサーバー上にいつ、誰が入室したのかが記録されています。

素晴らしいのがユーザー登録機能。アプリの初回起動時にiPhoneの端末IDを取得して、記録に無いIDの場合は新規ユーザとしてユーザー登録を求めます。この際、普段使用する交通機関なども登録しておきます。2回目からは変更が必要な項目のみ入力すれば良いので、ほとんどはQRコードを読み取るだけで作業が済みます。

そんな簡単操作なEaLLですが、実は研究室にあるFileMaker Serverでシステムを稼働しています。先のiPadもユーザーが使用するiPhoneアプリもサーバー上のソリューションを開きます。ちなみに、iPadの画面に表示するQRコードは端末の画面サイズを元に判定してiPhoneと異なる処理を行なっています。通常であれば、サーバー上のFileMakerソリューションを開くためには、端末のFileMaker Goを起動して、サーバーにアクセスしてから該当アプリを選ぶ必要があります。これでは不便です。そこで、研究室の大学院生が考えたのが、iPhoneの「ショートカット」アプリを使う方法。これで、サーバー内にあるアプリを直接起動することが可能になり、ショートカットアイコンをホーム画面に置いておけば、通常のアプリを開くのと同じ手順で操作することができます。

EaLL操作状況:(動画)

支笏湖小学校で出張補講

今日は、学生たちと支笏湖小学校に出張補講に行ってきました。10月5日に支笏湖ビジターセンターで行った、子供達にARゆるキャラを作ってもらう学外授業時に,残念ながら5名の児童が欠席でした(参加予定者の50%!)。
後日、小学校の先生が彼らにゆるキャラの絵を描いてもらったので、今日は中休みの時間中にAR動画の作成から発表までを行いました。今回は、5代のiPadに加えて、小学校のテレビに接続するためにAppleTVを持参し、作品を提示して発表に使いました。やはり、自分で取り込んだARは格別のようで、子供たちのモチベーションは上がったようです。みんな、楽しんでくれたかな?

支笏湖小学校出張補講の様子:2021.11.16

支笏湖小学校の取り組みが地元情報誌「ちゃんと」に掲載

10月に研究室の学生たちが行った支笏湖小学校の取り組みが地元情報誌「ちゃんと」に掲載されました。この取り組み、当日参加できなかった子どもたちの作品を収めるために、来週、改めて小学校にお邪魔します。子供達、喜んでくれるでしょうか?

生活情報誌「ちゃんと」:児童が描いた「ゆるキャラ」が動き出す 支笏湖小の課外授業でAR「仮想現実」体験

なお,子供達の作品は「支笏湖マップ」に掲載してあります。動画をご覧いただけますので,こちらもよろしくお願いします。当日欠席した児童の作品については,本研究室の学生に頼み,AR表示したものを掲載しています。探してみてください。

支笏湖マップ:

最新バージョンのOSが未だに動く研究室のMacBook Air 11インチモデル

研究室を立ち上げた際に、学生用に購入したMacBook Airの11インチモデル。2015年製造で、6年も前のモデルなのだが、見事に最新OSにアップデートできる。しかも、動作が軽い。実は、ひとつ前のバージョンだった際に、学生が「動作が重くなってきました」とのことで、Shift Key押しっぱなしでセーフブートしてキャッシュをクリアしたところ、その後は軽快に動作するようになりました。

今回も、OSアップデート後セーフブートして再起動したら軽快でした。これが最後のメジャーアップデートかもしれませんが、最新アプリが使えるのは嬉しいですね。Macは価格が高いと思われるかもしれませんが、6年間使えば十分価値はあると思います。実は、6年前は円高で、このモデルは、びっくりするほど安価だったんですけどね(笑)。それにしても、ケースぐらいは新調しましょうかねえ。