iPhone6 Plus販売日購入断念

今後、iOSデバイスなどの携帯情報端末関連情報を中心にご紹介していきます。

さて、本日は日本のiPhone6販売日です。実は先ほどiPhone6 Plusの当日分の購入にとリテールストアであるAppleStore, Sapporoに行ってきました。列はマツキヨの角辺りまでと、それほどでもなかったのですが、iPhone6 Plusは既に予約分で完売状態だったようです。

現在使っているiPhone5の二年縛りが今月までだったのでこの機会にSIMフリーにしようと考えています。予約開始日(金曜日)にAppleStoreオンラインで予約を入れたのですが、Appleローンを組んだため(12回無金利中)、信販会社の認可状況のAppleStoreへの告知タイミングがずれたらしく当日から三日間審査待ち状態になってしまいました。結局、翌週の月曜日にやっとAppleSotreのステイタスが予約完了となり、既にその時点での納品が10月18日になってしまいました。

ご存知の通り二年縛りの翌月がMNP手数料がかからない月なのでチャンスな訳です。順調に出荷が進めが十分間に合うのですが一抹の不安があります。

iPhone6は2モデルありますが、当然従来にない画像解像度であるPlusに人気が集中した感があります。これは、アプリなどの開発者の方たちにとっては最適化する検証機としてどうしても必要になるのである程度予想されたことです。ただ、Plusの生産に問題があり数が揃わないという噂もあり、懸念されていたところでもあります。

10月18日までに潤沢に生産・流通がなされればリテールで購入してオンライン分をキャンセルする予定です。さて、どうなることでしょう…。