2020年から、学校教育現場にタブレット端末が導入され、デジタル教科書が使用されるようになります。そしてタブレットデバイスの登場から8年,日本でもようやく検定教科書のデジタル版の利用について関連法の閣議決定がなされデジタル教科書元年が近づいてきました。

私たちは「本当にインタラクティブなデジタル教科書」を目指し,主に科研費(平成27年度採択,科学研究費助成事業(基金)基盤研究(C),15K01085,「学習空間の共有を可能にするLMS連携型デジタル教科書とそのオーサリング環境の構築」)などによる3年間の活動を行ってきました。これは,学習者が,教師が作るデジタル教科書を通じて,その先にいる教師を感じ取ることができるような学習環境の実現を目指したものです。その結果,様々な授業様式に対応した有効な教育教材であることが判りました。

本報告会は,これまで私たちが取り組んできた研究成果から,名古屋大学,札幌国際大学,千歳科学技術大学の研究者仲間が,各大学で行ってきた様々な授業における実践報告やその作成方法やポイント,学生の反応やデジタル教科書の販売の仕方などを通じて,デジタル教科書の可能性と未来について多角的にご紹介いたします。どうぞお気軽に足を運んでください。

  • 日時:平成30年3月24日,13時〜15時
  • 場所:紀伊國屋書店札幌本店1階インナーガーデン(入場無料・申込不要)札幌市中央区北5条西5丁目7番地 sapporo55 ビル
  • 発表者:曽我聡起(千歳科学技術大学 理工学部 教授),川名典人(札幌国際大学 観光学部 教授),中村泰之(名古屋大学 大学院情報学研究科 准教授),中原敬広(合同会社 三玄舎 代表)

本イベントは平成30年1月27日現在の予定です。確定次第,本ページを更新いたしますので,ご了承ください。1月28日,本イベントの正式開催が決定いたしました。イベントチラシ

「学習空間の共有を可能にするLMS連携型デジタル教科書とそのオーサリング環境の構築」研究グループ

  • 研究代表者:曽我聡起(千歳科学技術大学 理工学部 教授)
  • 研究分担者:川名典人(札幌国際大学 観光学部 教授)
  • 研究分担者:中村泰之(名古屋大学 大学院情報学研究科 准教授)

本研究の成果物の一部は以下のサイトで共有されています。利用を希望される方は曽我までご連絡ください。

本研究の一部は以下で発表しています。

  1. “Case Studies Using e-Textbooks Connected with a Learning Management System”, Toshioki Soga, Takahiro Nakahara, Norihito Kawana, Izumi Fuse, Tohru Kaku, Rika Saito, Yasuyuki Nakamura, 査読有, E-Learn: World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, and Higher Education 2017 (Oct 17, 2017)(2017)
  2. 「ボトムアップから始めるデジタル教科書を用いた授業の実践と提案」曽我聡起, 中原敬広, 川名典人,布施泉,中村泰之,査読有,コンピュータ&エデュケーション,VOL.41,pp.14-21(2016)
  3. “Interactive Learning Using e-Books Connected with Moodle and Development of Sharing Environments for Teaching Materials”, Toshioki Soga; Takahiro Nakahara; Norihito Kawana; Izumi Fuse; Yasuyuki Nakamura,査読有, E-Learn: World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, and Higher Education 2015 (Oct 19, 2015) pp. 1171–1180(2015)
  4. “Development of an e-Textbook Connected with a Learning Management System and a Study of its Effective Use” Takahiro Nakahara; Toshioki Soga; Yasuyuki Nakamura; Masanobu Mitani; Norihito Kawana, 査読有,EdMedia: World Conference on Educational Media and Technology 2014 (Jun 23, 2014) pp. 979–984
(2014)
  5. 「LMSと連携するデジタル教科書に関する考察―本当にインタラクティブなデジタル教科書がもたらす可能性―」曽我聡起, 中原敬広, 川名典人,査読有,コンピュータ&エデュケーション,VOL.36,pp. 18-24(2014)